ブログ

GTD CODE-K と455ヘッドを比較してみた 3

ゴルフプラザ72にはプロギアさんからレンタルしている弾道測定器がありまして、

日々クラブ購入を検討するお客様に試打していただいています。

それで共に人気のGTD455とCODE-Kを比較してみました。

試打はスタッフ(持ち球フェード ちょいうま)です (;^_^A

シャフトはラナキラ55Sを共に使用

 

こちらGTD455

平均弾道としてよさそうなものをピックアップしました。

スタッフのヘッドスピードは41〜42m/sくらい。

傾向としては中弾道のフェードボールが多かったです。

アドレスしたときにヒール側にボリュームがあるので、左に引っかかる

イメージは少ないですね。

スタッフのヘッドスピードでは捕まえた時には低いドローボールで

ややキャリーが落ちました

 

こちらはGTD CODE-Kの平均的弾道

打ち出しとスピン量はやや多め。といってもスタッフのヘッドスピードでは

これぐらいで適正らしいです。

スタッフの感想では普通に打つ分にはつかまりはそんなに両者変わらないらしいです。

フェードがドローに代わるほどのことではないという事ですね

ただ、捕まえにいったときは楽に捕まるので楽らしいです・・

 

飛距離性能はほぼ一緒でした。

スタッフにどっち選ぶ?と聞いたらなんとGTD455!との事

なんで?と聞いたら「絶対フェードが出るクラブが好み」との事ww マニアックなんだよ!w

 

同時にヘッドスピード30台後半〜40台前半の人であれば

基本CODE-Kのほうがお勧めです・・とコメントありました。

理由はスピンと打ち出し性能は勿論、レンチを使うと元ロフトが多い分、

格段につかまり調整できるからだそうです。なるほどね~。

 

72では試打もお受けしていますので是非ご来店ください♪